<校長>
松本和幸

大分に生まれ幼い頃より犬を愛し犬と共に成長した私でした。
しかし高校生の時米国ロスアンジェルスにホームステイし欧米の犬との暮らし方を知り、日本との違いに衝撃を受けました。この体験こそ私が日本に欧米の犬との暮らし方やトレーニング法を紹介し、広めたいと思うきっかけを作った忘れられない出来事です。
再び渡米し6年にわたり家庭犬のドッグトレーニングやガードドッグを学びました。
また、日本に於いてもJKC、JSV等の日本のドッグトレーニングも本格的に勉強しました。
さらに英国の家庭犬トレーニングの素晴らしさに魅せられ日本で初めて英国人ドッグトレーナーフィリッパ ウィリアムに師事。家庭犬だけでなくクリッカ―トレーニング、パピーパーティ、ガンドッグ、アジリティー等様々なトレーニング法を学び日本人で初めて英国APDTの認定資格を取得しました。
そして、本格的な英国式ドッグトレーニングスクールを鎌倉と世田谷に設立し英国大使館との取り組みを経て20年にわたり英国式のペットドッグトレーニングの普及に貢献して参りました。
また、日本で初めてのドッグトレーナーの養成スクール、シッスルケイナインカレッジを開校し多くの生徒に英国式トレーニングをご指導させていただいております。20年を経た今、再び英国のトレンドのトレーニングや犬事情を日本に紹介する為、現在APDTのアセッサ―であるリン・バーバーとの取り組みを行いOur-Way Dog Training Japanをオープンすることとなりました。

<トレーニング動画>

<経歴>

1970年代~1990年代
米国、英国、留学及び日本でJKC等取得
1994年
シッスルドッグスクール設立
1997年
英国留学  フィリッパ ウィリアムに師事
1998年
シッスルドッグトレーナーズスクール ケイナインカレッジ開校
1999年
日本で初めてAPDTメンバー取得
フィリッパ ウィリアム女史を招致し、
家庭犬ドッグトレーニングのセミナーを行う
クリッカ―トレーニング、パピーパーティを初めて日本に紹介
ドッグトレーニングマニュアルの英国トップドッグトレーナー
ジョン アンクル氏、アラン メンジイズ氏を招致、英国家庭犬のトレーニングセミナーを行う
ドッグワールドにパピーナーサリー(犬の保育園)の広告を出し、
日本で初めて犬の保育園を紹介、通園犬の募集を開始する
2000年
フィリッパ ウィリアム女史 2度目の来日
英国ドッグトレーニングツアー開始
ジョン アンクル氏、アラン メンジイズ氏 2度目の来日
2001年
麻布大学獣医学部にて「犬のしつけ」をテーマにした講演会を開催
鎌倉市を始め、神奈川、静岡、東京等日本各地の保健所、動物管理センターで 「犬のしつけ」についてのセミナー開始
2002年
朝日新聞主催の犬のしつけ教室開始
2003年
東京ペット専門学校の講師開始
2004年
東京世田谷にシッスルドッグスクール世田谷校を開校
2005年
英国リン・バーバー女史のもと英国ドッグトレーニングツアー開始
2011年
厚生労働省主催就職者支援の為のドッグトレーナー講座開校
2014年
英国リン・バーバー女史のOur-Way Dog Trainingと提携
日本にOur-Way Dog Training Japanを設立
Our-Way Dog Trainer’s Academyを開校

画像

APDT

画像

JKC公認訓練範士

画像

AADT

画像

JSV(日本シェパード犬登録協会)

佐藤佐世子

幼い頃よりの犬好きがこうじ、 現在11匹の犬と暮らしている。日本ドッグインストラクター協会認定ドッグトレーナー資格の他トリミングの技術もマスターしている。
長いキャリアと経験を生かしたトレーニング技術には定評があり、人間はもとより犬たちにも一目置かれる風格あり。
生徒さんたちの悩みや相談にいつでも答えてくれるお姉さん的な頼もしい存在です。

安田励起

大学卒業後オーストラリアへ留学。
幼少より動物好きで帰国後ドッグトレーナーを目指しシッスルK9カレッジで学ぶ。
二度の渡英でリンバーバーに師事し彼女のメソッドを習得する。ドッグトレーナーとして10年間のキャリアがある。
老人ホームにて定期的にセラピードッグ訪問を行っているナイスガイ。
愛犬はJKCの訓練試験CDXを取得した英国ゴールデンレトリバーのローズちゃん。

大塚野奈

麻布大学院獣医学研究科動物応用科学科卒業。
大学院へ進み、在学中に犬の知識を深めるためシッスルK9カレッジで二年間学ぶ。
卒業後英国へ一年間の留学。その後六年間、現在に至るまで動物応用科学を生かし、トレーナーとしての経験を積んでいます。
愛犬はジャーマンシェパードのファルコンくん。
華奢な体型ながら、彼とともにIPOの高等訓練に励む毎日を送る女性トレーナー。

このページのトップへ