皆んなに愛される、チョットこわ可愛いピットブルのヒラリーちゃん

2017.04.07

私のスクールでは多くのワンちゃん達を飼っています。
どのワンちゃんもスタッフが担当を決めて可愛がって飼育し、トレーニングをしています。
ですから、スタッフがスクールを離れる時、担当だったワンちゃんを連れて行くことが多いのです。
やはり愛情を持って長く一緒にいたので、離れ難いのでしょう。

スクールのワンちゃん達は鎌倉校の広いグラウンドを走り回ったり、近くの山へ散歩に連れて行ってもらったりと、伸び伸び健康的に育っていますから病気になることも少ないです。

そんなスクールのワンちゃんの一頭にピットブルのヒラリーがいます。


ヒラリーは2004年3月23日生まれの13歳で、人間で言えば70歳くらいです。
犬種はアメリカンピットブルテリア、大型犬としては長生きな方でしょう。
ピットブルと言えば、あまり一般的には馴染みのない犬と言えるかもしれません。
怖いイメージがある方がほとんどで、ペットとして飼う方も少ないでしょう。

でも、うちのヒラリーは違います。
強面の顔に似合わず、性格がとても温厚なのです。
幼い頃ヒラリーもピットブルとは言え、他のワンちゃん同様に本当に可愛いかったです。
でも可愛いさに負け、他の犬と同じようには扱うことはしませんでした。
もしその犬種の特性がそのままなら、支配性の強い犬に育ってしまうからです。
私のヒラリーへの目標は、ピットといえどもフレンドリーで温厚なペットドッグを目指していたのです。
人にも犬にもフレンドリーな犬にするため、犬、猫問わず一緒に過ごさせ、攻撃性をなくす環境づくりを心掛けました。
そして深い愛情と適切な生活スタイルを心掛けるようにして、誰からも愛される良い子に育ちました。
勿論、顔は少々強面ですが、人、犬共に皆んなヒラリーが大好きです。

次回はそんなヒラリーがかかった病気についてお話しします。
これはピットブルだけでなく、どの犬種の犬にも起こりうる病気だからです。

大丈夫? あなたと愛犬の絆

2017.03.21

あなたが呼んだら、愛犬はすぐにあなたの元に戻ってきますか?

今回はあなたと愛犬との絆のバロメーター” 呼び戻し ” の話です。

腕の骨折で休養していたリン先生から久し振りに届いたブログ、
新しい” 呼び戻し “のメソッドについて言及されています。


リン先生ブログ
——————————————–

太陽の光が差し込む私のオフィスでこのブログを書いています。
春は木々の葉に宿り、鳥に巣作りをさせます。春の訪れのしるしはまだあります。
クラフト展です。このショーはとても素晴らしく、今や国際なものとなりました。

さて、ここドッグハウスでは、アジリティーの準備を始めています。
春はアジリティーの道具を修理したり塗り直したりする季節です。
私は最近121ものセッションを抱えているのでとても忙しいのです。
そのセッションの中でも ” 呼び戻し ” はよくある問題でしょう。

私としては、呼び戻しは、飼い主とその犬の絆の問題だと思うので、ごく簡単なトレーニングにより犬は戻って来るはずなのですが
皆なかなか出来ないようなので、今までの指導法を変えることにしました。
そこで” 飼い主と犬の絆を増すためのゲーム “を飼い主さん達に教える事にしたのです。
このゲームはまず飼い主さんに、犬にとっては特に魅力的でもないご褒美を遠くへ投げてもらいます。
その後飼い主さんには、逆にとても魅力的なご褒美を持って犬の名を呼んでもらいます。
犬の名を呼んで、犬が飼い主の方を見たらご褒美です。
これが、今までとは別の” ご褒美ワンプラス作戦 ” です。

今週末、私はこの新しいメソッドが上手くいくかを確認する為に服従訓練のカンファレンスに出席します。
結果は次回書きますのでご期待ください。

——————————————–

腕の骨折で休養の日々が続いていたリン先生ですが、ようやく回復され仕事に邁進しているご様子、私も嬉しいです。
” 呼び戻し ” の新しいメソッドを試されるとの事、結果を待ちましょう!

リン先生ブログ原文

As I write this Blog the sun is streaming into my office window. Spring is on its way with trees coming into leaf and birds are making their nests. Another sign that Spring is around the corner is of course Crufts. It is so good that this has now become such an International Show.

Here at the Dog House we are preparing for the Agility Season with the equipment being repaired and painted. I have been busy with 121 sessions recently and a particular common problem is the recall. I have changed the way I train recall as I now think it is about the relationship between owner and dog and not just a simple exercise in training your dog to come back to you. To increase the relationship between owner and dog I teach games for the owners to do outside with their dog such as throwing a low reward out, the dog watching of course, call the dog and reward with a much higher reward. Calling the dog’s name and reward when the dog looks at the owner is another one plus food rolling.
This weekend I am attending a Behaviour Conference to ensure that I am keeping up with modern methods. I will give you an update when I write to you again.

英国の夏はゲームフェアで決まり‼︎     Vol 3

2017.03.14

ゲームフェアって、いつ何処でやってるの?

多くの方が訪れ、様々なゲームや沢山の出店を見るだけでなく、色々な種類のワンちゃん達を眺めるだけでも楽しいゲームフェア、英国旅行の合間に是非行ってみたいと思われた方もいらっしゃるでしょう。
ゲームフェアの情報はネットに出ています。
夏場には、英国のあちこちでやっているはずですから、” gamefair dog England 等 ” で検索してみてください。

さて、前回の質問の答えについてお話ししましょう。
” オールブリード・リトリーブ競争 ” 、この結果の行方についてでしたね!
まずはこのゲームのルールをご説明します。

ゲームにはどんな犬種でも出場できます。10~15頭位で行われる事が多い様です。
会場は整地と不整地の2カ所に分かれて、其々行われます。
どちらの会場でもボールの様なダミーをエアガンで遠くに飛ばし、そのエアガンの音と共に犬達がダミーを追って走り出します。
ダミーの落下地点は目視不可能なほど遠くです。
ガンの音と共に猛ダッシュで走り出した犬達は、獲物めがけて突進します。
その目視不可能な程遠くへ飛ばされたダミーを、競り勝ちして奪い取り、くわえて飼い主の元に持って帰ってくるまでを競う競技です。
この競技は、走るスピードとダミーを奪うテクニック、さらにそのダミーをくわえて戻って来る力との総合力で評価されます。

私が見た時も整地でのゲームに、ラブラドール、ゴールデン、シェパード等多くの犬が参加していました。
まず、50~60m迄は、ほぼ大差なく、どの犬種も一団となりほぼ固まりで突っ込んで行きました。
目視できなくなってしまうと、残念ながらどんな状況かは分かりません。
しかし自信満々の表情で獲物をくわえて戻って来たのはボーダーコリーでした。
ボーダーコリーの優勝です。

この競技が始まる前に、ドッグトレーナー達に 「 優勝はどの犬種だと思う?」と尋ねると、いつも当たり前の様に 「 ボーダーコリー 」という返事が返ってきました。
ボーダーコリーにはどの犬種もかなわないのでしょうか。

不整地の競技に移りましょう。
此方のゲームにも多くの犬種が出場していました。
岩場あり、丘陵地ありの地面がデコボコな所での競技です。
ここで求められるのは ” 肉体のバランス ” です。
最後の最後までは、ダミーの奪戦を見ることは出来ませんでしたが、途中のダミーの奪い合いは、なんとも壮烈なもでした。
こんな足元が不安定な悪条件の元での競技では、最後は一体どの犬種が優勝するのか誰も皆目見当がつきません。

優勝は誰?
その答えは、コッカスパニエル!
それはワーキングコッカスパニエルでした。
彼等はフィールドトライアルの為の技量を持って生まれてきているのですから、不整地でのゲームはお得意なのでしょう。

但し、ジャックラッセルも負けてはいません。
以前見た同様のゲームでの勝ちはジャックラッセルでした。

私がお話ししたゲームの他にも様々なゲームが行われるゲームフェア、犬好きならたまらない程盛り沢山な楽しいフェアです。   

夏の英国のお楽しみ、ゲームフェアに、是非一度出掛けてみてください。
そしてフェアの面白さ、その規模を体感して下さい。

私のブログで取り上げて欲しい ” 犬に関する話題 ” があったら是非お知らせください。
出来るだけお応えしていきたいと思います。

このページのトップへ