リン先生8月のブログ

2017.11.01

リン バーバー先生からのブログ!もう一つ続きます!




そろそろ夜のアジリティークラスのシーズンが終わろうとしています。

クラスを行うには難しい天気になってきました。

今年は大雨から猛暑と様々でした。雨が多いと犬にも飼い主にも危険なので、接触しないようなコースを作りました。

キャノピーがあるため順番を待っている間、飼い主はそこで待機できます。ご存知のように、イギリスは天気がよく変わるので私は臨機応変にプランを変更することに慣れています。

しかし今年は猛暑が続いた週があり、何頭かはこの暑さに苦しんでいました。犬たちがあまり走らなくてすむ授業を準備するのがとても難しかったです。
何人かのお客さんが合図/コマンドをだすのが遅いことに気づきましたか?犬は次の障害物を考えるのに熟達しているので飼い主が「ジャンプ」と指示した時に犬はもうすでに空中にいます。

この事を飼い主に説明するために飼い主に犬なしで指示を出しながら走ってもらいました。

これを撮影し、飼い主の立ち位置を見ながら、犬が障害物を超えるところを想像してもらいました。暑さの中で犬の運動を最小限に抑えながら、飼い主が上達できるとても楽しい勉強方法でした。

私たちはいつもBBQで一年を終わらせるので、”イングリッシュウェザー”で中止にならないことを願っています。

私にはアジリティーをするショートヘアード・ハンガリアン・ビズラのスペシャルグループがあります。写真はロングウオークをシェアしているうちの犬です。これはとても興味深いものでした。なぜなら、自信のないWoodyがKimaにせっつかれながら自分自身でやろうと決めたからです。

Kima wanting to do everything that Woody does!!

 

AUGUST’S BLOG

We are nearly coming to the end of our season for evening classes of Agility. The weather has certainly made it more challenging to hold classes. We have experienced extreme weathers this year from rain storms to heat waves. If it rains too much it can be dangerous not only for the dogs but owners so I set up courses where no contacts are used and minimize the twisting and bending of both dogs and owners. We have a canopy to stand under while you wait for your turn. As you all know England is renowned for wait weather so I am used to making contingency plans. However this year we did have a couple of weeks where we had extreme heat and some of the dogs were really suffering from the heat. It was difficult planning classes that was suitable without the dogs having to run too much. Have you noticed how some clients are late in calling out the cue/command? Dogs are adept in thinking about the next obstacle ahead so they are in mid-air when the owner calls out ‘jump’. To prove this point to the owner we asked the owner to run the course without the dog whilst calling out the commands. A video was taken of this and replayed to the owner so that they could see the position they were out and expecting their dog to manage the obstacle. This was a good fun way for the owners to improve their agility while minimizing the exercise of the dog in such heat.
We always end the year with a BBQ so we are hoping this is not spoilt by our English weather. I will let you know.
I have a special group of Vizilas doing agility. The photograph shows to house mates sharing the Long Walk. This was particularly interesting as Woody lacks confidence and decided to do this on his own followed by Kima.

リン先生6月のブログ

2017.11.01

リン バーバー先生からブログが届きました!

どうぞ、お楽しみください♪




アワーウェイドッグトレーニングは6月10日に小さい村のサマーフェアでドッグショーができるかと問い合わせをいただきました。

このドッグショーはペットを飼っている人々が愛犬をショーに出すために開催されます。 このドッグショーは楽しむことを目的としているため、ショーカテゴリーは「最もハンサムな犬」、「審査員が家に連れて帰りたい犬」そして「みすぼらしい犬」賞を設けました。また、楽しんでもらうために小さなアジリティーコースも作りました。もちろんイギリスではお天気任せです!!

ここ一週間は雨と風でした、6月10日の朝は強い風が吹いていましたが、太陽がでていました。ヘンリーは午後のショーが始まるまでに準備が終わるように、朝からアジリティーコースを準備しました。

たくさんの人々が犬を連れてショーに参加し、アジリティーを体験しました。小さい子供、カップルそして年配の方までが自分の犬をショーに参加させ、ワイヤーヘアードダックスフントからディアハウンドまで様々な犬種がいました。とても風が強かったので参加申込書や他の書類が飛んでいかないようにするのが大変でした。

ドッグショーは大成功を収め、たくさんの誇らしげな飼い主さんが勲章を付けた犬を連れて家に帰って行きました。写真には「最もみすぼらしい犬」で優勝した犬をつれたお父さんと娘さんが写っています。この娘のエロニーズさんはとっても可愛らしい落ち着いたディアハウンドのヒルディーを連れて参加していました。

 
写真左:リン先生の旦那さんのヘンリーさん

写真右:「最もみすぼらしい犬」賞を獲得したディアハウンド

 

JUNE’S BLOG

Ourway Dog Training was asked if we could organise a Dog Show for a small village Summer Fair on the 10th June. These shows are for people with pets to have the opportunity to show their dogs. They are completely for fun with the name of the classes such as ‘Most Handsome Dog’, ‘The Dog the Judge Would Like to Take Home’ or ‘Scruffiest Dog’. We also set up a small agility course for people to have ‘a go’. Of course, in England we cannot rely on the weather!!
Having had a week of rain and wind we woke on the 10th June to a morning of sunshine however, it still was extremely windy. Henry set up the agility course in the morning so that we ready for when the show started in the afternoon. We had a lot of people bring their dogs and enter the show and have ‘a go’ at the agility. There were young children, couples and older people that wanted to enter their dog in the Show and there were a varity of dogs from Wire Haired Dachshunds to a Deer Hound called Hildie. It was so windy that it was difficult to stop the entry forms and other paper work from blowing away.
The show was a great success with many happy proud owners returning home with their dog wearing a rossette. In the photograph you can see Father and Daughter with their winning dogs for the Most Scruffiest Dog. In fact the daughter Eloniese, came into the ring walking Hildie the Deer Hound who was an absolutely lovely chilled out dog.

松本校長が参加!11月17(金)-19(日) D-1 アジア インターナショナル チャンピオンシップが開催されます

2017.09.27

アジア最大のIPOイベントである『D-1 アジア インターナショナル チャンピオンシップ』が今秋も開催されます。世界基準の技術を他に先駆けてマスターし日本のドッグトレーニング界をリードしてきた、本校校長の松本和幸も参加を予定しています。深秋の静岡に、みなさんで応援に行ってみませんか?

【開催の詳細】

開催日:2017年11月17日(金)-19日(日)
・17日(金):D-1 公開練習
・18日(土):D-1 静岡県
・19日(日):D-1 静岡県
*松本校長は18日(土) と19日(日)に参加を予定してます。

会場:富士川河川敷 憩いの広場(追求は朝霧)静岡県富士市中之郷

競技の総合案内ページ:
各競技規定(ジャパンシュッツフントクラブのホームページが開きます)
会場の地図(Googleマップが開きます)
会場のお天気(tenki.jpのホームページが開きます)
歴代チャンプ(ジャパンシュッツフントクラブのホームページが開きます)

主催:ジャパンシュッツフントクラブ

もっと詳しい情報はジャパンシュッツフントクラブのホームページをご覧ください。 ➡ http://www.schutzhund.jp/

 


 

 

このページのトップへ